あいさつ

レガーラの選手にはとにかくあいさつをうるさく教えている。グラウンドではレガーラスタッフだけでなく関係者、他チームの指導者にもするよう教える。恥ずかしがり誰かがすると後からする子もいるし、「あいさつは?」と声をかけないとしない子もいる。しばらく通うとするようにはなるが、家でも教えてもらいたい。ただ、親があいさつしない人だと当然子もしない。ビジネスでもあいさつは基本なので教えてもらいたい。コミュニケーションのはじめ。これが出来ないと損はあっても得はない。あいさつしないのはクールでもないし、格好良くもない。(カッコイイと思っている人いるのか???)コーチが威張りたいわけではない。とにかくスポーツの世界であいさつできないのは損しかないのだ。トレセンも教えにいくがしっかりあいさつ出来るチームの子は数チーム。しかもやはりその子たちは上手いし使える。試合も使える。仕切りも使える。準備、かたずけも使える。おそらく大人になり仕事をさせても使える。「使えねー奴」とはならない。好感も持たれる。挨拶の挨は心を開いて近づく。挨拶の拶はその心に近づくという意味があるそうだ。お互い心を開いて近づかないと前に進めない。仲の良い人としかあいさつできないでは世界は広がらない。狭い範囲の世界しか知らないとなってしまう。あいさつは世界を広げる。私は営業マンだったので挨拶の大事さをしっている。幾通りもの挨拶を知っている。人事も携わったが、挨拶一発で全てが決まる事がある。あいさつを間違えれば嫌われる事もある。あいさつでビジネスを失敗した例も見たことあるし、出入り禁止などという不名誉な称号をもらった人も見た。職業によっては、とういう時代ではない。オリンピックも来る。グローバルになる。あいさつの大事さをチームも家庭も一緒に考えたい。

[ 2015/05/26(火) ]

なんじゃそりゃ????(怒)

都内で子供が声を出してはいけない公園があるそうだ。なんじゃそりゃ???

公園から帰る時忍者のように帰らないといけないそうだ(立て看板)が立っているらしい。なんじゃそりゃ???

幼稚園で幼児がネズミの声で話しをしないといけない幼稚園があるそうだ。なんじゃそりゃ???

中学で少し厳しく部活指導すると母親軍団が教育委員会に詰め寄り顧問を飛ばすそうだ。生徒たちから信頼厚い教師でも。母親たちが気に食わないらしい。なんじゃそりゃ???

なんじゃそりゃ(怒)全部子どものためではなく自分(大人)本位じゃないか(怒)

自分たちは昔子どもじゃなかったのか???昔の大人は文字通り大人。心の大きな人。

子どもたちをお大きな心でみてくれた。見守るだけなく知らない子にも叱ってくれた。今叱ると親が逆切れ。我が子がどんなに悪くても。叱れない。

親は職員室や教育委員会になど行かなかった。これまた文字通り「親」は木の上に立って見守るだけ。

全て昔の方が良かったとは言わない。でも、回帰しなければいけない事もある。

少子化は止まらない。宝であるはずの子供が忍者とネズミになれの社会では。

 

 

[ 2015/05/15(金) ]

お問合せ レガーラ日記 埼玉県サッカー協会 川口市サッカー協会 川口市サッカー協会4種連盟