海外少年サッカー親心得

デンマークサッカー協会 少年指導10ヵ条

  1. 子どもたちはあなたのモノではない。
  2. 子どもたちはサッカーに夢中だ。
  3. 子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる。
  4. 子どもたちから求められることはあってもあなたから求めてはいけない。
  5. あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。
  6. アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない。
  7. 子どもの体を守ること。しかし子どもたちの魂まで踏み込んではいけない。
  8. コーチは子どもの心になること。しかし子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない。
  9. コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。しかし、自分で考えさせることが必要だ。
  10. コーチは子どもを教え導くことはできる。しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ。
ノルウェー協会が作成した「少年サッカーにおける7つの心得」・「親のための10の心得」
少年サッカーにおける7つの心得
1. 子供のサッカーは「遊び」であり、それは「楽しく」なくてはなりません。
2. 子供のサッカーで最も大切な事は、友達と一緒にプレーする事です。
3. すべての子供に同じ時間プレーさせてあげて下さい!
4. 子供達に「勝ち」と「負け」の両方を学ばせて下さい!
5. 対外試合よりも、クラブでの練習を!
6. 子供のサッカーにはバラエティに富んだ活動が大切!
7. 子供にとっての「楽しいサッカー」を一緒に作りあげていきましょう!親のための10の心得
1. 試合や練習を見に行ってあげましょう。子供はそれを望んでいます
2. 試合ではすべての子供を応援してあげましょう。自分の子供だけではいけません
3. 調子の良いときだけではなく、調子の悪いときも勇気つけてあげましょう。 批判してはいけません。
4. チームリーダーを尊重してあげましょう。彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう。
5. レフリーはインストラクターとみなしましょう。レフリーの判定を批判してはいけません。
6. 子供が参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう。プレッシャーにならないように。
7. 試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう。結果だけ聞くことのないように…。
8. サッカーにふさわしい、節度ある用具を準備してあげてください。大げさになってはいけません。
9. クラブの仕事を尊重してください。積極的に親のミーティングを持ち、どのような態度で臨むかを話し合いましょう。
10. 忘れないでください。サッカーをするのは、あなたの子供です。あなたではありません。

 

いかがでしょう?海外少年サッカーの心得の一例です。その国の文化、家族という一単位では語れないさまざま、それぞれの形、関わり方があるので一概にそれが全て正しいとは思いませんし、指導も経験によって変化していくべきだと考えますので、絶対はないですが。参考にはなりますね。お家でも親の少年サッカーへの関わり方を話ししてみてはいかがでしょうか?

[ 2016/02/22(月) ]

お問合せ レガーラ日記 埼玉県サッカー協会 川口市サッカー協会 川口市サッカー協会4種連盟