大切なこと

レガーラOBの選手に会った。その選手は有名ジュニアユースで3本の指に入り有名強豪高校に推薦で進学、高校ではキャプテンを務めチームをまとめた。大学も決まりまだまだサッカーを頑張るという。その選手が言った。「小学生の時が一番楽しかった」彼がいた時のレガーラ(旧チーム名)は決してものすごく強いわけでなかった。負ける事も多かった。強豪と対戦し大敗も結構あった。公式戦は私の経験不足もあって地区予選を打破できていない。タイトルも6年最後の大会でやっと優勝できた程度。でも彼は小学生の時のサッカーが好きだという。彼を支えたのも楽しい思い出があったから続けられたのかもしれない。彼らはいまだlineで繋がっている。大切なものは何か考えされる。急いで育てなくて良い。ゆっくり後に良い結果が待っているように。小学生の時勝った、負けたで騒ぐのは愚の骨頂。地の足を付けさせ基盤となるサッカーを教えれば良い。大切なことは勝たせるのではなく勝とうとする意志を育て心からサッカーの楽しさを伝える事なんだと思う。

[ 2017/01/27(金) ]

チーム

チーム:ある目的のために協力して行動するグループ。

チームプレー:団体競技で個人の成績よりも全体の好結果のために各人が協力し合う行動。

チームワーク:チームの共同作業。一団体の人々の連帯。

クラブ:共通の目的によって集まった人々の団体。

んー。広辞苑で見てみた。昔よりこれが足りない。勝つだけでは満足感は一時、持続性の高い満足感、幸福感を選手と一緒に追及したい。

[ 2017/01/25(水) ]

2017元日に思うこと。

最近思う。義に薄く、情に薄い世になってるなーと。礼もなくなってきている。協会にいると様々な話しが入ってくる。自分のチームさえよければ良いと思うチーム指導者。強豪を気どるチーム。平気で世話になったチームを裏切る保護者。ネットで騒ぐ馬鹿な大人。利己的にチームを利用する指導者。自分の子の事だけしか考えず結果その子を潰してしまう保護者。指導をサービス業と勘違いしている保護者。そんなことをしても先々良い事なんてないのに。スポーツの良さ、団体競技の良さ、サッカーの面白さが全く理解できない人たちの話しがわんさか入って来る。チームとしてどう配信し、どう理解してもらうか2017年は課題としよう。先に挙げたような大人にならないよう子供たちにさまざまな話しをしていこう。一所懸命努力しても預けた先の師がダメなら悲しいが、今やれることをできるだけやろう!!高校男子、女子ともに連日TVで選手権を取り上げているがどの全国区指導者も「人間性」をテーマにしている。日本代表選手も同じことを口にしている。選手として大成する際最も重要なテーマのようだ。ダメチーム、ダメ指導者、ダメ保護者では人間性の育成は出来ない。それぞれが勉強だ。元日に思いそして誓う。たくさん勉強しよう。

[ 2017/01/01(日) ]

お問合せ レガーラ日記 埼玉県サッカー協会 川口市サッカー協会 川口市サッカー協会4種連盟