第11期修了生

第11期が修了、卒業となりました。おめでとうございます。保護者さまも長い間お付き合い、サポートありがとうございました。修了式でもお話ししましたが、本当に楽しませてもらえるチームでした。それぞれの個性がぶつかり合い、上手く噛み合い見ている方を楽しませるサッカーをしてもらいました。当初、4年、5年の時個性が強すぎてぶつかり合う事も多々ありましたが最後は見事なコラボを見せてくれました。ぶつかり合いすぎて一度コーチから叱られ自分たちでどういうサッカーをやりたいのか話し合えと言われました。かなりの時間自分たちだけで話し合い出した答えが「楽しいサッカー」でした。互いに厳しさもある中の楽しいサッカーを選んだのです。見事に体現してくれました。心まで通いトップチームになってからはプライベートでも沢山待ち合わせて遊んだようです。レガーラは様々な学校から通って来てくれています。違う学校の選手たちが学区を越えてチームメイトと遊ぶ。世界が広がり繋がりが出来たようです。毎年この時期になると別れを惜しむようにプライベートでもトップチームの選手たちは交流を図ります。とても良い事ですね。これからひとつカテゴリーが上がり別々のチームに分かれていきますが顔を合わせたら懐かしんで下さい。大人になっても繋がっていてくれたら団体スポーツの良さが増しますね。トップチームとしての戦いぶりはとてもスリリングな試合が多く楽しませるだけでなくハラハラドキドキもくれました。何度コーチたちもベンチで腰を浮かせた事か。サッカーの醍醐味を見せてくれありがとうございました。コーチングからティーチングへ。トップダウンからボトムアップへ。自分たちで話し合い自分たちで考える。そんなサッカーが出来ました。サッカーはもともと自由度の高いスポーツ。本当はそれが理想ですし、中学年代ではピッチも広がり指示が通りづらくなります。考えるサッカー。それも体現してくれました。ハーフタイムの指示は短くアドバイスに留めさせてもらいました。大丈夫。上のカテゴリーで必ず活躍してくれるでしょう!!ただし、情熱が続けばです。活躍も飛躍も続けてこそ。別れの際ユニフォームに全員「大事な事は続ける事!!」と書かせてもらいました。自分の心とどう戦い、どう折り合いをつけていくか?どうモチベーションを保つか。どう楽しみ続けていくか。大変です。しかし、続けていれば必ずチャンスが来ます。必ず見ていてくれる人がいて評価してくれます。是非、続けて下さい。こんなにサッカーが好きになったのだから。大人になった時間違いなく財産になります。保護者の皆様選手たちのサポート、チームへのご理解、ご協力ありがとうございました。今後も愛すべき選手たちのサポート宜しくお願い致します。

[ 2019年04月01日(月) ]

お問合せ レガーラ日記 埼玉県サッカー協会 川口市サッカー協会 川口市サッカー協会4種連盟